STYLING

Vol.3 「ZIGGY」で着こなす新領域のジャケットスタイル

2017.03.16

ASTILE01_main_001

 

ASTILE house 2017SS STYLING Vol.3
 

プロデューサー / 大和一彦、スタイリング、ディレクション / 四方章敬(code)、写真 / 鈴木泰之

 

ASTILE01_LOOK_004

 
夏、Tシャツにオンするなら断然パイル地ジャケットを!

 

「8ボタンダブルのジャケット」と聞くと、ミリタリー然たる重厚なユニフォームを思い浮かべるかもしれません。しかしTHE GIGIの「ZIGGY」は、そんなイメージを覆すニュータイプの8ボタンダブルです。デザイナー本人も愛用することで知られるこの「ZIGGY」、着丈も短くピークドラペルも細身の仕様。フロントボタンを留めるとキュッとタイトな印象で、「ジャケット」というイメージを感じさせない着こなしができます。前開きで羽織るように着ればリラックス感も満点で、薄くて軽いアンコン仕立てならではのやわらかい着心地は、「テーラード」という堅苦しいキーワードとは無縁のトップスと言っていいでしょう。

この「ZIGGY」の魅力を思いっきり楽しめるのが、こちらのパイル素材のモデルです。毎春のコレクションで必ず登場するパイル地の「ZIGGY」ですが、今季は織り柄が太幅のストライプを描いており、大柄トレンドの今季らしい柄使いです。裏地を使っていないので汗ばむ季節の素肌に心地よく、半袖のTシャツに重ねても袖内が張り付いたりせず快適なままで過ごせます。トップスタイト&ボトムズワイドというコントラストをつけたシルエットなら、モダンな大人のカジュアルが思いのまま。

ジャケットスタイルというと「タイドアップ」とか、「ちょっときれいめ」とか、そんなイメージかもしれませんが「ZIGGY」はむしろ、こんなふうに気兼ねなく「ちょっと羽織る」感覚が似合います。たしかにピークドのラペルはついていますし、8ボタンでダブルブレストですが、真面目なジャケット然たる着方より、シャツかスウェットパーカの感覚で、気負わずに着るのが似合う不思議な服なのです。それでいてちゃんと、きちんと上品に見せることができるという、やっぱり新しいカテゴリーの服。従来のクラシックの枠組みを飛び越えた、大人のためのカジュアルモード服といっていいでしょう。とにかく一枚あると、その便利さに開眼するはずです。

 

ITEM INFO

JACKET : ¥115,000 / THE GIGI

CUTSEW: ¥11,000 / mey story

PANTS: ¥28,000(税抜)/BERWICH





 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

ページトップへ